銀の星

人生なんでも楽しんだモノ勝ち
銀の星 TOP  >  スポンサー広告 >  MUGEN  >  MUGEN雑記 >  黄龍の通常投げ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

黄龍の通常投げ

確か原作のほうだと、投げが成立した瞬間 (黄龍が何かを握るような仕草をする瞬間)、
食らった側は

「ぐうっ!」

とかリアクションして、腹部を攻撃されたような姿勢を取る。
(恐らく、見えない巨大な手に身体を握り締められた、あるいは内臓を直接掴まれたような感じ)



その後、その姿勢のまま真上に身体を浮上させられ、直後、真下の地面に叩きつけられる……





というような演出なわけですよ。




MUGENだと浮かび上がる瞬間仰向けのやられ姿勢に変わってますけど、
原作の方だと腹部を痛がってる姿勢のまま浮かび上がったような気がする。




この演出って、つまりはダース・ベイダーのフォースでギリギリ首絞めとか、
マグニートーの体内の鉄分操って締めあげちゃうぜ的なアレとか、

そういう人外パワーの強調ですよね。




石見守EASYのアップロードの際に腹部を痛がりながら浮かび上がる仕様に変えておこうかなぁ。




・追記

まったくの余談なんですが、以前に黄龍の改変をしていた頃は
今みたいな原作リスペクト重視ではなく、美しい斬鉄みたいな魔改造方針でやってました。



その頃の改変黄龍の通常投げは前方全画面をカバーする判定で・・・


他にも超奥義で飛び出す爪や水柱、雷などの数が増えてダメージやヒット数も激増。

5Bと2Bを交互にキャンセルできる仕様だったりしてましたねー・・・。





[ 2017/02/26 19:52 ] MUGEN MUGEN雑記 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

ShipSilverstar

Author:ShipSilverstar


ドコにでもいるありきたりなオタクです
音楽とゲームが大好きなMUGENキャラ製作者です

いろんなコトで遊んで
いろんなことを勉強していきたい
いろいろと欲求の旺盛な人間です


リンクはご自由に
『ごあいさつ』
のコメント欄はトイレの壁代わりに使って頂いて構いませんよ

私が作ったMUGENキャラはリンク集にあります

FC2ブログ
あなたもブログを持ちませんか?
このブログもFC2無料ブログです
アクセスカウンター
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
検索フォーム


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。