銀の星

人生なんでも楽しんだモノ勝ち
銀の星 TOP  >  スポンサー広告 >  日記とか  >  動画 >  【MUGEN】 「なんだ格ゲーじゃないか」ランセレシングルトーナメント21

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

【MUGEN】 「なんだ格ゲーじゃないか」ランセレシングルトーナメント21




旧IWAMINOKAMIの性能は格ゲーの範疇の中では極限まで高いと思います

なお、食らい抜けは

『60Fごとに0~100の間の整数が抽選される変数がちょうど0になったとき』に使います

実は設定を0にしても抜けてしまうのはAIの不手際なんですがね
[ 2013/12/17 21:18 ] 日記とか 動画 | TB(0) | CM(4)
ぜんぜん違うぞ

この大会だと食らい抜け設定10、食らい抜けの使用条件がvar(58)=[100-var(55),100]だから、var(58)が90~100になったら食らい抜け身代わりする
var(58)が0~100までで変動するから確率は10%
ついでにvar(58)が変動する条件がgametime%60=0のほかにAnimelemtime(1)=1が入ってるから、
60Fに一回に加えてさらに相手の攻撃1ヒットにつき1回の成否判定が行われてる(ヒットストップが終わって5001番アニメが動き出した瞬間に1回)
この条件だと、くらい抜けをせずに攻撃を食らい続ける確率は7ヒット目までで50%を切るし、Gametimeでの判定も含めるともっと多用する計算になる

ちなみに、設定を0にしても食らい抜けが起こるのは、条件がvar(58)=[100-var(55),100]になってるせいで、
食らい抜け設定0(var(55)=0にした時)でもvar(58)がちょうど100ならば条件が成立するから
条件を var(58) > 100-var(55) とかにすれば0のときは絶対にくらい抜けしなくなる
[ 2013/12/18 01:54 ] [ 編集 ]
レスポンス
> ぜんぜん違うぞ
>
> この大会だと食らい抜け設定10、食らい抜けの使用条件がvar(58)=[100-var(55),100]だから、var(58)が90~100になったら食らい抜け身代わりする
> var(58)が0~100までで変動するから確率は10%
> ついでにvar(58)が変動する条件がgametime%60=0のほかにAnimelemtime(1)=1が入ってるから、
> 60Fに一回に加えてさらに相手の攻撃1ヒットにつき1回の成否判定が行われてる(ヒットストップが終わって5001番アニメが動き出した瞬間に1回)
> この条件だと、くらい抜けをせずに攻撃を食らい続ける確率は7ヒット目までで50%を切るし、Gametimeでの判定も含めるともっと多用する計算になる
>
> ちなみに、設定を0にしても食らい抜けが起こるのは、条件がvar(58)=[100-var(55),100]になってるせいで、
> 食らい抜け設定0(var(55)=0にした時)でもvar(58)がちょうど100ならば条件が成立するから
> 条件を var(58) > 100-var(55) とかにすれば0のときは絶対にくらい抜けしなくなる


たぶんそれで正しいですね
今旧版半蔵はSkydriveにあるものがあるだけで手元には無くて記述見たのは遥か昔ですし、大会の調整内容はほとんど見てないので、正直自信は無いです。


ところで、その名無し状態のままでいきなりタメ口は如何なものかと思いますよ
私はあなたの部下でもなければ友達でもないですよ
[ 2013/12/18 19:11 ] [ 編集 ]
口調に関しては不快な思いをさせてしまい申し訳ありませんでした。

ですがブログや動画で間違った仕様を吹聴して、
訂正もなしでは無責任な視聴者様と何も変わりませんよ。
旧いバージョンとはいえ、自分の作った作品の仕様には責任をもってほしいです。
まして音楽の道を志しているのならなおさら。

自分が作りたかったものと実際に出来上がったものが
ぜんぜん違うなんてこともよくあることなのでしょうが。
[ 2013/12/19 10:23 ] [ 編集 ]
レスポンス
> 口調に関しては不快な思いをさせてしまい申し訳ありませんでした。
>
> ですがブログや動画で間違った仕様を吹聴して、
> 訂正もなしでは無責任な視聴者様と何も変わりませんよ。
> 旧いバージョンとはいえ、自分の作った作品の仕様には責任をもってほしいです。
> まして音楽の道を志しているのならなおさら。
>
> 自分が作りたかったものと実際に出来上がったものが
> ぜんぜん違うなんてこともよくあることなのでしょうが。


仰りたいことはわかりますので、認識はしておきます。
しかし、仮に私がてんでデタラメなことを言っていても、傷が付くのは私の顔だけです。
私の発言が信用ならんモノに変わるだけです。

以前にもこのブログ内で別件で話をしましたが、MUGENにおいて私の発言に重みを感じる必要などありません。
烏合のなかから飛び出てきた小さなモノだと思っていればいいのです

私の発言により不快感を被った人がいたとすれば、それを申し訳なく思うことはありますが、それぐらいのものです

実際、忙しい中、片手間にちょいちょいっと触っている程度のものに、そうそう責任感なんて持ってないですよ。
だからこそこのカオスな凶悪キャラ製作界隈でもフラットに楽しめているようなものです

私は発言した時点では自分の発言を正しいと思って発言しました。しかし、実際はそれが間違っていた。
それはそうかもしれませんが、それが放置されても、いずれ私の信頼係数が降下するだけでしょうし、
今回は偶然訂正してくださる人が現れたというだけです。

正しいと思っていて間違って発言していることなんか、腐るほどあると思いますよ。もうそれはあることが前提です。

MUGENをビジネスでやっているとすれば、先を見た対応をしますが、それはなぜそうなるかといえば、誠意を込めて対応しなきゃ次のビジネスに繋がらないからです

楽しみよりも面倒ごとのほうが多くなったら、MUGENを続ける理由は根本から消えうせますからね
[ 2013/12/20 12:21 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

ShipSilverstar

Author:ShipSilverstar


ドコにでもいるありきたりなオタクです
音楽とゲームが大好きなMUGENキャラ製作者です

いろんなコトで遊んで
いろんなことを勉強していきたい
いろいろと欲求の旺盛な人間です


リンクはご自由に
『ごあいさつ』
のコメント欄はトイレの壁代わりに使って頂いて構いませんよ

私が作ったMUGENキャラはリンク集にあります

FC2ブログ
あなたもブログを持ちませんか?
このブログもFC2無料ブログです
アクセスカウンター
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
検索フォーム


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。