銀の星

人生なんでも楽しんだモノ勝ち
銀の星 TOP  >  音楽  >  音楽雑記 >  キーボードの弾き方

キーボードの弾き方

DTMで音楽を作る場合、マウスとPCのキーボードでやる方法と、MIDIキーボードをつかってやる方法があります

DTM初心者で、尚且つ楽器も初心者で・・・っていう人はマウスを使ってポチポチと地道に作曲というか、打ち込み作業する人が多いみたいです

私が通う専門学校でもそうです


でも、ちょっとマトモに考えれば、DTMで打ち込みをやるならMIDIキーボード、
つまりピアノ鍵盤の演奏能力があるのと無いのとでは作業効率が全く異なるというコトがわかるはずです


例えばマウスでのMIDI打ち込み(ステップ入力といいます)で100個の音符を打ち込もうと思うと、何回クリックが必要でしょうか?

ステップ入力がやりやすいDAWは確かに存在しますが、最低200回程度ポチポチとクリックやドラックが必要です

(クリック一回目で音程を指定、二回目で長さの指定。実際は音程指定にダブルクリックが必要なDAWのほうが多いです)


MIDIキーボードでリアルタイムに演奏することを覚えれば、技能にもよりますが、
音符100個入力するのには最低100回鍵盤を叩けばいいです。
鍵盤を複数同時に叩けば2~6音分くらいは同時に入力できるので実際はもっと早いです

しかも、MIDIキーボードは鍵盤を押し続けた時間の長さで音符の長さを決められます

リアルタイム演奏はDTM特有の機械臭さを大幅に薄れさせてくれる方法でもあります


本気でDTMやるなら鍵盤は確実に触れるようになるべきです



鍵盤のドレミの位置を覚え始めたくらいの演奏の初心者がぶち当たる壁はズバリ
運指
ですね

親指から順番にドレミファソ・・・と弾いたはいいけど、次の指の出し方がわからなくなってしまい、
しまいには手首を捻って手の甲で~ラシドを弾くしかなくなってしまったりしますね


ドレミファソラシドの右手の運指法はドから

親指、人差し指、中指、親指、人差し指、中指、薬指、小指

の順番が王道的ですが、音階はドから始まるとは限りません。始まる位置が変われば運指も変わります

それを演奏家の視点から教えているのが


ピアノ指・習得プログラム【国立音楽大学卒の一流講師陣 監修】

です

16800円という値段ですが、月額のピアノ教室で習うよりは安く済みます
そして、大抵のピアノ教室のセンセイ方は厳しいです(もちろん優しい人もいます

そういう意味で、コワいセンセイと直接顔をあわせなくても済むこういった教科書は持っておくといいとおもいます


私は最近エレキギターを買ったので、エレキギターの教科書購入を検討中です
[ 2013/08/14 05:44 ] 音楽 音楽雑記 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

ShipSilverstar

Author:ShipSilverstar


ドコにでもいるありきたりなオタクです
音楽とゲームが大好きなMUGENキャラ製作者です

いろんなコトで遊んで
いろんなことを勉強していきたい
いろいろと欲求の旺盛な人間です


リンクはご自由に
『ごあいさつ』
のコメント欄はトイレの壁代わりに使って頂いて構いませんよ

私が作ったMUGENキャラはリンク集にあります

FC2ブログ
あなたもブログを持ちませんか?
このブログもFC2無料ブログです
アクセスカウンター
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
検索フォーム