銀の星

人生なんでも楽しんだモノ勝ち
銀の星 TOP  >  音楽  >  ウンチク >  mixについて

mixについて

使える『場所』はだいたいこれぐらいに絞られる



○ ○ ○
 ○ ○
○ ○ ○
 ○ ○
○ ○ ○
  ↑
 リスナー

モノラルトラックから作る場合の話ですが、ステレオから成る場合でも音の位置取り自体は同じかな

左右はPanで設定するんだけど、前後はまずリバーブじゃなくてコンプレッサとEQで設定する

リバーブ空間を拡げることはできても、音の前後感を直接動かすことはできないという実感がある
もちろんリバーブを上手く使えば『より効果的に』音の前後感を作り出せはするけれどもね

で、周波数帯域の上下でも住み分けはある程度可能なので、実際はもっとたくさんの音色を詰め込むことができる

ただし、高音域の音色だからといって安直にローカットとかすると音量を下げたり再生環境を変えたりすると聴こえなくなったりするから要注意

どうあっても、どの音色であろうと中音域にいくらか周波数成分が必要です



コンプレッサのアタックタイムやニーの設定によって、音色の『立ち上がり方』をコントロールすることができます

ニーがハードだと音色は鋭くなり、ソフトだと丸みを帯びます
つまり、ニーがソフトなほど基本的に音像は奥に引っ込むことになります

遠くで鳴っている音ほど音の立ち上がりが緩かで、持続も平坦になる傾向にあるので、コンプレッサによってそれを擬似的に作り出すことができるわけです

また、遠い音ほど周波数の帯域が中音域に偏っていきます。高音域ほど減衰しやすく、低音域は到達速度が遅れるわけです
なのでEQによってそれを再現することでも前後感はコントロールできます


言うは易し、ですけどね

[ 2013/07/19 00:35 ] 音楽 ウンチク | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

ShipSilverstar

Author:ShipSilverstar


ドコにでもいるありきたりなオタクです
音楽とゲームが大好きなMUGENキャラ製作者です

いろんなコトで遊んで
いろんなことを勉強していきたい
いろいろと欲求の旺盛な人間です


リンクはご自由に
『ごあいさつ』
のコメント欄はトイレの壁代わりに使って頂いて構いませんよ

私が作ったMUGENキャラはリンク集にあります

FC2ブログ
あなたもブログを持ちませんか?
このブログもFC2無料ブログです
アクセスカウンター
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
検索フォーム