銀の星

人生なんでも楽しんだモノ勝ち
銀の星 TOP  >  MUGEN  >  キャラ解説 >  半蔵技解説その5

半蔵技解説その5

テクニック総集編(判明しているもののみ)

~キャンセル~

・モズキャン

前述のように、このキャラには『モズキャン』と呼ばれるテクニックがある
それを使うことで隙消しができることはもちろんだが、普段は繋がらない技同士が繋がったりするようになる

例)

空中強斬り→着地→(近立ち中斬り→モズ落とし)×N→屈み強斬り→大追い討ち

近立ち強斬り→モズ落とし→屈み強斬り→大追い討ち

など


・空振りキャンセル

いわゆる空キャン

このキャラで『キャンセル可能』といえばほとんどの場合、その技が当たっていようが外れていようがキャンセル可能
ただし連斬はヒット or ガードしていないとキャンセルできない


~回避系テクニック~

・連続前転 or 連続後転

前転や後転の着地硬直は必殺技でキャンセルできる。それを利用し・・・

(前転→モズ落とし)×N

とやるとほとんど隙無しで前後移動できる。ただし投げに注意


・ほとんど常時無敵

相手と密着時限定

(見切り→回り込み)×N

でほとんど常時無敵になれる。ただし、一瞬とはいえニュートラル状態を経由するので全く隙が無いとは言い切れない


~攻撃系テクニック~

・影分身バグ

影分身モーション中はあらかじめ出しておいた爆炎龍がガード不能になる

原作では全ての飛び道具がガード不能になるので、原作より生ぬるいとも言える

(正確には、原作では影分身のモーション中は相手がガードポーズになれないので、あらかじめ出しておいた飛び道具が実質ガード不能状態になるというバグ。仮に原作に影分身の最中に出せる打撃技や斬撃技が存在すれば、それは恐らくガード可能だったと思われる)


・一閃バグ

一閃のモーション中は爆炎龍が一閃と同じダメージになる

原作では全ての飛び道具で同じことが起きるので、やはり原作より生ぬるいと言える

爆発版一閃でも境地版一閃でも同じことができるが、MUGENの仕様で再現する都合上、一閃のダメージ自体は防御値無視なのに対し、飛び道具のダメージは防御値を無視しない


・実は追撃可能

これまで、『追撃は不可能』と紹介してきた攻撃も、実は追撃可能

このキャラクターは相手を吹っ飛ばす種類の攻撃を当てた時、相手を専用の無敵吹っ飛びステートに飛ばすようになっているので追撃が不可能・・・

なのだが、攻撃がヒットしてから吹っ飛び始めるまでの一瞬だけは相手がまだ無敵になっておらず、追撃がヒットする

ただしタイミングはそれなりに難しい

[ 2012/05/19 19:57 ] MUGEN キャラ解説 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

ShipSilverstar

Author:ShipSilverstar


ドコにでもいるありきたりなオタクです
音楽とゲームが大好きなMUGENキャラ製作者です

いろんなコトで遊んで
いろんなことを勉強していきたい
いろいろと欲求の旺盛な人間です


リンクはご自由に
『ごあいさつ』
のコメント欄はトイレの壁代わりに使って頂いて構いませんよ

私が作ったMUGENキャラはリンク集にあります

FC2ブログ
あなたもブログを持ちませんか?
このブログもFC2無料ブログです
アクセスカウンター
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
検索フォーム