FC2ブログ

銀の星

人生なんでも楽しんだモノ勝ち
銀の星 TOP  > 

ごあいさつ

ようこそおいでくださいました

このブログは

・楽しいことだけをやる
・面白いことだけを紹介する
・MUGEN 音楽 そのほかもろもろの製作日誌

そんなブログです。
(要するに、趣味ともまた違う、遊びだけのブログです)


この記事は常に最上部に表示されます
この記事にコメントしていただくことが一番私とコミュニケーションを取りやすい方法になります

相談事や意見・感想などありましたら、まずはこの記事にコメントしてみてくださいな
『管理人のみ』に設定していただけば、こっそり私だけに見せていただくこともできます



当ブログのもうひとつの主要コンテンツ
『MUGEN』
に関してはもう一つ下の記事にて説明致します

なお、当ブログ内にある文章、音声は私の著作物になります
MUGEN関連のものは私は大きく言えませんが、
『記事に使われている文章』
『私が公開した音楽作品』

は全て私の著作物ですので、私に許可無く転載することはご遠慮願います
大抵申し出があれば許可しますんで、転載したければ私に事前に報告してくださいませ
[ 2032/07/02 00:00 ] 挨拶 | TB(0) | CM(62)

そもそもMUGENとは・・・?

簡潔に申し上げれば、
『主に2D対戦格闘アクションゲームを自ら作り上げる事ができる無料のゲームエンジン、ゲームツール』
です

詳しい情報はいくらでもオンラインで見つかるはずですので、この場での説明は省きます

私はそのMUGENで動かす事のできるキャラクターデータの製作者、改変者です



ちなみに
当方のキャラの外部AIは常時
大募集中です


これ以下は、私が製作・改変しているMUGENキャラクターのいわば利用規定です
私のキャラクターを不特定多数の目に留まるような形で使用する可能性がある場合必ず目を通し、
この内容を守ってください
[ 2032/07/01 00:00 ] 挨拶 | TB(0) | CM(0)

本体HitOverRideでもちゃんとスーパーアーマーやる方法

どうも。


作業量が多くてゲンナリ中なので記事に逃げます。



今回は本体アーマー(本体のHitOverRideで作るアーマー)の話。




以前から何度か言ってる気がするんですが、
本体のHitOverRideでスーパーアーマーを作ると、

被弾時にモーションが振り出しに戻ってしまい、
何度も同じ動作を繰り返してしまうことがありました。



どうやらそれを完全に克服できたようなので報告します。


わかってしまえば簡単なことで、
アニメーションが戻ってしまうんなら
こんなふうに



;-------------------------------------------------------------------------------
;アーマーがつく技のStateDef
[StateDef XXX0]
type = S
movetype = A
physics = S
ctrl = 0
velset = 0,0
hitdefpersist = ifelse(PrevStateNo = XXX1, 1, 0)
movehitpersist = ifelse(PrevStateNo = XXX1, 1, 0)

[State ChangeAnim]
type = ChangeAnim
triggerall = Time = 0
trigger1 = PrevStateNo != XXX1
value = XXX0

[State HitOverRide先から戻ってきたら]
type = ChangeAnim
triggerall = Time = 0
trigger1 = PrevStateNo = XXX1
value = XXX0
elem = Var(N)



[State AnimElemNo格納]
type = VarSet
trigger1 = 1
var(N) = AnimElemNo(0)




[State HitOverRide]
type = HitOverRide
trigger1 = Var(N) = [,]
attr = SCA,AA,AP
stateno = XXX1
ignorehitpause = 1

(略)

;-------------------------------------------------------------------------------
;アーマーで飛んだ先
[StateDef XXX1]
type = U
movetype = H
physics = U
ctrl = 0
hitdefpersist = 1
movehitpersist = 1

(略)

;-------------------------------------------------------------------------------


戻ってしまう前の絵をVarに保存しておけばいいって話でした。



これでジャガノのパワーアッパワーアッ現象とか、
トキのセッカッコセッカッコセッカッコー現象とかも修正可能です。



まあ変数食うのは難点ですが、
そのステートでしか使わないので使い回し可能です。




というわけでまたいずれ。

響も半蔵も、あと脳内WIPのレンとかクリスも形にしなきゃなー・・・
[ 2019/06/13 23:23 ] MUGEN MUGEN記述解説 | TB(0) | CM(2)

MUGENキャラの音量調整について

どうも。


キャラいじってていろいろと発見したことがあるんで
報告記事を書くこととします。


俗に言うWinMUGENにおけるバグの話も含まれています。


記事タイトルの通り、
MUGENキャラクターの音声のボリューム調整についてのお話です。




1.キャラ音声の音量調整のしかた

MUGENの音量調整の方法は4つほどあります。


・mugen.cfgにてWavVolumeとMidiVolumeを変更する

・SNDファイルに収められている音声データの音圧を変更する

・キャラクターCNSの [Data] のVolumeを変更する

・キャラクターの各PlaySndのVolumeパラメーターを変更する


この4つのうち、キャラクター個別の音量を調整できるのは最初のひとつを除く3つ。

そして、音声編集加工用のソフトウェアを動かせる環境や知識が無くても可能なものは
うしろ2つとなるでしょう。


この記事ではその2つの挙動について書いていきます。



2.キャラCNSの [Data] のVolume

まず重要な話として、

キャラクターのCNSの先頭部分、
[Data] で調整できるVolumeは
MUGEN CNS WIKI CHAOS
でも確認できるように、-255~+255の間で調整が可能です。


結論から言うと、これがそれぞれのキャラクターが持つ
音量に対する限度値の幅となります。

音屋さん的な視点から見れば、
ここのVolumeの値は基本的に 0 にしておくのが安定だと思われます。

……が、それはまた別の話。


限度……つまり、この範囲内に収まるようにしか音量調整はできません。



3.ステートコントローラー 【PlaySnd】 のVolume


前述したように、DataのVolumeを変更する以外にも
PlaySndのステートコントローラーのVolumeを変更することでも
キャラの音量の調整は可能です。


可能なんですが、この両者の限度値は完全に共有されています。


たとえば、 [Data] のVolumeが +255 のときは、
PlaySndのVolumeの0より上は機能しなくなります。

0から +255まですべて同じ音量に揃えられる




逆に、 [Data] のVolumeが -255 のときも、
PlaySndのVolumeの0より下は機能しなくなります。
(無音となるため)


数字の見方を変えれば、

MUGENのキャラ音声の音量は
完全な無音をゼロとして、510段階で調整が可能ということになります。



4. 【PlaySnd】 のあきらかなバグ

さて、MUGENがつつがなく動作さえしていれば、
ここまでの話で完了できるんですけれども……


少なくともWinMUGENのPlaySndにはバグがあります。


簡単に言えば、 Loop = 1 になっていると
全てのVolumeパラメーターが無視される
ようになります。



つまり、 [Data] のVolumeが -255、PlaySndのVolumeも -255となっていても、
そのPlaySndにLoop = 1がついていると音が鳴ってしまいます。

もちろん、そのLoop = 1のついた音は音量を上げることもできません。


これのせいでMUGENの音量の変わりかたを理解するのに
無駄に時間を取られてしまいました……



Loop機能は非常に便利なんですが、
このバグの存在ゆえに、Loopさせたい音については
SNDファイルの時点でちょうどいい音量にしておく必要が生じてしまっています。




5.Volumeの基準値が 0 であるべきだと思う理由

私はいちおう音の扱いについて
専門の勉強をした人間の端くれに相当するんですが、


その私の見地からすると、キャラCNSの [Data] のVolumeの値は、
手持ちのキャラのなかで特別そのキャラだけ音量が小さいなどの理由が無い限り、
0 にしておくようにするのが基本だと思います。


これはこの記事で言ってきたように、
MUGENキャラの音量の最大値は +255であり、
最低値が -255であることが理由になります。



最低値については無音になってしまうのでわかりやすいとして、
最大値についてなんですが……


これはよく 『音割れ』 『クリップノイズ』
などと言われる現象の回避のために設けられている数値になっています。


ミキシングコンソールのボリュームインジケーターにて赤色で示される数値です。


デジタル音声機器の場合、
このラインを飛び越えた音が通過すると機器の保護のために自動的に
不快なノイズが付与されます。
(クリップノイズといいます)


アナログ機器の場合は自動的な機器の保護機能がないので
ノイズは付与されませんが、どっちみち限界値を超えた音圧は
処理しきれず、超過部分の音波形が削り取られ、
結果的に音が変形します。
(これをわざとやるのがオーバードライブ、ディストーション、ファズなどのエフェクター)


当然、限界以上の音量(電気信号)を流し込まれているので
機器は傷みます。


そういう感じなんで、MUGENにも 『音量の最大値』 が
用意されているんでしょう。



音量には最低値と最大値があるわけですが、

MUGENのPlaySndのVolumeは
-255 ~ 0 ~ +255
という仕様なので、

たとえばDataのほうのVolumeが255に設定されていると、
上でも述べたように0から上のパラメータが無駄になってしまいます。


無駄があるというのはじつに勿体ないことなので、
個人的にはDataのほうのVolumeは基本的に0にしておいて、

各PlaySndのVolumeパラメータも極力0付近にしておいて
ちょうどいいようにSNDファイルは作るべきだと言いたい。



まあ、バグがある以外の部分はMUGENのPlaySndは優秀なので、

例えばDataのVolumeが -255、PlaySndのVolumeが +510なら、
ちゃんとDataのVolumeが0、PlaySndのVolumeが +255のときと
同じように鳴ってくれます。


なのでべつに細かい考え方する必要もないとは思うんですけどねー。




長くなりましたが、とくにLoop機能のバグについてはわりと面倒くさいんで、
キャラ作る人なら知っておいて損はないんじゃないかな!
[ 2019/06/11 01:07 ] MUGEN MUGEN記述解説 | TB(0) | CM(0)

石見守の作業にて(ドット編集とか)

どうも。


石見守にどうしてもガルフォードっぽい動きを導入したくて、
いろいろドットを改変しています。


んで、一通り基本的なドットの方は編集し終わり、
今は一部の技で身体が燃え上がるような演出をするため、
赤熱したようなカラーパレットと
立ち上る炎のエフェクトを作ろうとしているところです。



半蔵ドット改変 炎上00半蔵ドット改変 炎上01

半蔵ドット改変 炎上02半蔵ドット改変 炎上03

けっこういい感じではないかな?


ガルフォードで言うところのプラズマブレードとか
プラズマブレイクに相当するモーションです。

(こういう腕を広げた姿勢は半蔵にはありませんでした)






少しでも手間を省くためにいろいろなツールを使いました。



・まずガルフォードの方のカラーパレットを編集して
 半蔵と全く同じ色使いに変更。

・そのガルフォードから改変したいSprを抜き

・EDGEでレイヤー等も駆使しながら頭部分を半蔵のものに差し替え。
 (角度等が合わない場合は描き直して調整)

・完成したドット絵をSFFに登録。

・Act Editor等の編集ツールを使い、半蔵本体のパレットを
 爆炎龍等の火の絵と全く同じ色使いになるように編集、Actファイル化。

・その火の色のActをキャラに適用した状態で、
 Fighter Factory 3を使ってSpriteをPNG化。
 これで上に貼ったようなエフェクトの色をしたキャラの絵を
 一括で取り出せるようになる。

・上記のように作った炎色の半蔵の絵に、
 EDGEやGIMP等を使って炎の絵を描き足す。 ← いまここ!


という感じで。




ガルフォードの場合、プラズマブレードの際には
電気ビリビリ状態の絵が入るわけですけれども、

石見守は電撃ではなく火炎が立ち上る絵が必要になるわけです。



まー、京の大蛇薙あたりを参考にあっさりめに作っちゃいたいところ。

[ 2019/04/25 03:37 ] MUGEN MUGEN雑記 | TB(0) | CM(0)
プロフィール

ShipSilverstar

Author:ShipSilverstar


ドコにでもいるありきたりなオタクです
音楽とゲームが大好きなMUGENキャラ製作者です

いろんなコトで遊んで
いろんなことを勉強していきたい
いろいろと欲求の旺盛な人間です


リンクはご自由に
『ごあいさつ』
のコメント欄はトイレの壁代わりに使って頂いて構いませんよ

私が作ったMUGENキャラはリンク集にあります

FC2ブログ
あなたもブログを持ちませんか?
このブログもFC2無料ブログです
アクセスカウンター
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
検索フォーム